在庫の可視化はビジネスをどのように支援するのか

サプライチェーン全体にわたって在庫、資産、注文、文書作成や出荷をシームレスでエンドツーエンドに可視化(「ガラスのパイプライン」)することは、会社全体の物流の効率化に必須です。グローバルで可視化できれば、物流専門家はネットワーク全体の在庫レベルを削減し、充足率を最大化し、出荷を担保し、実行プロセスに影響を与える可能性のあるイベントに動的に対応することが可能になります。JDAの在庫の可視化は、次世代の物流の指揮系統のプラットフォームの機能を果たすことでサプライチェーンにより順応的に迅速に対応することを可能にしつつ、このシームレスで詳細なサプライチェーン可視化の機能を提供します。

特徴

  • レガシーおよびサードパーティシステムとの統合
  • ユーザ設定表示を伴う詳細データの捕捉
  • 納期回答および生産可能機能
  • リアルタイムRFIDベースの可視化

利点

  • グローバル物流情報への速いアクセス
  • サプライヤー、内部サプライチェーンおよび顧客との関係の合理化
  • e-コマースおよびオムニチャネルの対応力の向上

在庫の可視化がどのように御社を支援できるかをご確認ください

専門家のアドバイス、さらなる製品情報、その他。トレーニングを受けている担当者にご連絡ください。

お問合せ
Top 54.92.141.211 MD1PRDVEXWEB06 not tracked True False