JDA Software

サプライチェーンの遂行と、在庫、コスト、パフォーマンスの完璧な可視性をシンクロさせる

今日の企業は、効率、顧客満足度、利益を最大化するために、輸送と物流の管理プロセスを合理化しなければならないという問題を抱えています。JDAソフトウェアの輸送管理および物流管理ソリューションは、長期戦略やオペレーション計画から日々の業務遂行まで、クローズドループの輸送プロセス全体を効率的に管理することができます。

JDAのソリューションを活用し、御社のビジネスを変革すると次の点を実現できます:

  • 消費者需要と補充ポリシーに則った輸送プランを実施できます。
  • コストを管理し、生産性を高めることができます。
  • 物流システムの活用により高収益の成長を後押しできます。
  • 効果的な連携により、取引先との関係を改善できます。

グローバルな輸送・物流管理を可能にするJDAの定評あるソフトウェアとサービスで変革効果を実現

課題:今日の複雑なグローバル市場において収益性を改善

本来、輸送とロジスティクス管理の役割はシンプルで、適切な製品を適切な場所に適切なタイミングで、かつ最低コストで移動させることです。輸送とロジスティクスに関する競争力は、スピードとインテリジェンスで決まります。すなわち、最善の意思決定を下し、決定に基づいて素早くアクションを起こし、期待される最高のサービスをお客様に提供するまでのあらゆる運用ステップをモニタリングする必要があります。今日の複雑なグローバル環境下でこの目的を達成することは容易ではありません。企業は、急速に進化する顧客からの期待を継続的に満たしながら、業務を合理化し、経済・環境・業界のかつてないほどの課題を克服しなければならないという、強烈なプレッシャーにさらされています。
さらに、世界規模の取引が急増しているため、燃料エネルギー資源が枯渇し、サプライチェーンは伸張して複雑化し、最終的にはサプライチェーン全体のコストを膨らませています。企業は、ネットワークの滞りや制御不能な遅延や長期化する輸送時間が引き起こすサプライチェーンのボトルネックや、上昇する運送費をうまく操作管理する必要があります。今日企業は、増大するコストを相殺するだけでなく、徐々に厳格になるセキュリティや政府規制、さらには環境考慮型業務による排出削減といったことに対応しなければならないという世界規模のプレッシャーにも直面しています。
これらを含めその他の多くの課題に直面する中、どのようにしたら企業は戦略的に輸送とロジスティクスプロセスを合理化し、サプライチェーンの効率や顧客満度や利益率を最大化することができるのでしょうか?

解決策:実績のある輸送・ロジスティクス管理ソリューションで真の結果を達成

JDAソフトウェアは25年以上に亘り、ワールドクラスの統合された業務用Transportation & Logistics Management (輸送・物流管理)ソリューションを、何百件もの最大手小売企業、製造企業、卸・流通企業に提供してきました。導入企業からは、コスト削減、効率最大化、サービスレベル向上および利益率増を含む、複合的なグローバルロジスティクスネットワークを戦略的に推し進めるために必要とされていた真の結果が報告されています。
JDAの包括的なソリューションは、幅広いフットプリント、豊富な機能、そして未だかつてない拡張性を備え、長期的な戦略的業務計画から日々の実行に至るまで、一連の輸送プロセス全体を効果的に管理します。ネットワーク設計、調達戦略、業務制約を加味した計画と最適化、出荷の可視化、支払い・請求そしてパフォーマンス分析といった取り組みの改善を追及するにあたり、モジュール単位で構成され統合されているJDA のソリューション群は、導入企業の現在および将来のニーズを満たすために簡単に設定できます。積極果敢にロジスティクスを最適化し、需要主導型のサプライチェーンを可視化することにより、JDAのソリューション導入企業は大幅なコスト削減や生産性の改善、顧客サービス向上、および取引先との連携強化によって、利益と株主価値を押し上げることができます。

需要主導型サプライチェーンに積極的に影響を与える

真の需要主導型業務を実現するためには、企業は顧客需要を鋭く洞察し、意思決定がサプライチェーンに与える影響を理解する必要があります。これは一見単純に思えますが、多くの場合この目的を達成することは困難です。JDAのTransportation & Logistics Management ソリューションは、輸送費の削減や資産活用の改善といった期待される従来の効果をもたらしつつ、導入企業がこの最終目標を達成する一助となります。さらに、資材や情報のこれまでに類を見ない高速な流れを生み出すためには、マスタープランに従うために解決すべき制約としてロジスティクス上の制約を事後に把握するのではなく、例えば初期マスター計画や補充計画や納期回答といった、サプライチェーンの計画プロセスのさらに上流に組み込む必要があります。JDAのソリューションにより、サプライチェーンのあらゆる段階のロジスティクス要素を鑑みた上で、顧客需要主導型かつ補充方針主導型の輸送・ロジスティクス計画プロセスを実施できるようになります。 
また、発注トランザクションの処理中に取得した価値ある情報を活用することにより、変化し続ける実際の業務やマーケットや環境により迅速に対応することができます。物理的サプライチェーンをリアルタイムで可視化し、最先端のパフォーマンス・インテリジェンスを組み合わせることにより、導入企業及びそのパートナー企業は、戦略的運用・実行プロセス全体に亘って的確な意思決定を行うことができます。

コストをコントロールし、生産性を改善

時は金なり。JDAのTransportation & Logistics Management ソリューションは、ビジネスプロセスを自動化し、合理化することにより、管理コストや運用コストを大幅に削減しつつ、生産性と可視性を向上させます。ロジスティクスの可視性をひとつに集約することに加え、調達、計画、実行、および輸送に関する監査のプロセス全体を標準化することにより、JDAの使い易いソリューションは情報を迅速に把握・伝達するため、サプライチェーン全体に亘って鋭い意思決定が下せるようになります。JDAのソリューションは、日々の戦術を自動化するため、ユーザーが手作業で補正する必要性が低減し、結果として時間と予算を大幅に削減できます。ユーザーに対してはユーザー定義の例外と制約に基づいてプロセスを管理する権限が与えられ、単純な問題に対してはソリューションが自動的に解を見出し、ユーザーは個別の例外事項に対してのみ対処すればすむようになり、その例外事項は担当者にのみ通知されます。そうすることで有用なリソースを、企業が収益を生むようなより付加価値が高い業務に振り分け直すことが可能になります。

収益性がある成長をサポートするためにロジスティクスを活用

大手荷主やサービスプロバイダーは一様に、どのビジネスの組み合わせが最高の収益を生み出すかを判断し、競争優位を獲得し利益を改善するための重要な戦略的武器として輸送・ロジスティクス業務を活用しています。これらのマーケットリーダーは、最良の人材、プロセス、技術を組み合わせて、社内外の顧客にサービスを提供する、セントラル化したロジスティクスグループを構築しています。このような企業は、コスト削減だけでなく、株主価値を生み出すにあたり、ロジスティクスのサービスレベル・パフォーマンスと戦略的重要性にも焦点を当てています。多部門を有する企業向けにセントラル化した共有サービス環境でロジスティクスを管理することにより、大きな価値を提供することができるため、JDAのTransportation and Logisticsソリューションは、組織内で収益を伴う成長を促進するために必要となる、業界をリードする機能を提供することができます。

効果的なコラボレーションにより取引パートナーとの関係を改善

サプライチェーンの効率を最大化し、ワールドクラスのサービスを提供するためには、取引先との効果的な協業が必要になります。JDAのTransportation & Logistics Management は、従来の出荷領域を超えて戦略的パートナー関係を構築し、調達コストや支出を劇的に削減し、さらにはサービスレベルや在庫レベルを改善します。Webベースのテクノロジーを活用するJDA のソリューションにより、購入、発注、出荷、および納品に関する詳細情報をリアルタイムでベンダーやサービス提供企業やブローカーやお客様と電子的に共有・コントロールできるようになります。輸送能力から資産活用、充足率、発注サイクル時間、リードタイムといったパートナーのパフォーマンスを容易に分析できるので、継続的に関係を改善し、より良い結果をもたらすことができます。発注から納品までの可視性と協業を得ることにより、取引先パートナーのサービス要件の間で最適なバランスを取ることができます。

柔軟な展開モデル

CIOは今日、プロジェクトの優先順位を決定し、企業目標と目的を確実に一致させるという課題を抱えています。先進的な輸送管理ソリューションは、大きなROI をもたらすことが証明されている、最も急成長しているアプリケーションの一つではありますが、輸送部門の幹部達は、その他多数の業務チームと必要なリソースを奪いあわなければなりません。予算はより厳しくなり、内部リソースは限界に達しているため、予算割り当て時に輸送アプリケーションは基準を満たしていると認められない可能性があります。
JDAは、将来にわたってニーズを満たすために、柔軟な展開モデルでTransportation & Logistics Management ソリューションを提供します。弊社は、豊富な専門知識と実導入による経験を併せ持ち、柔軟かつ事前設定された輸送管理ソリューションをホスト型マネージドサービスで提供しています。導入企業は、多額の初期設備投資やソフトウェア、メンテナンス、ネットワークやインフラのアップグレードに関するコストを削減するだけでなく、専門的なITスタッフを抱える必要性を減らすことよって全体的な総所有コストを低減することができます。
JDA が出荷や地域のロジスティクスネットワークから最も複雑な複合的グローバルネットワークに至るまで柔軟に業務を促進し、継続的にソリューションを管理するため、導入企業の業務担当部門は自分達の専門領域に集中できるようになります。
Create detailed work plans to manage a private fleet based on shipment requirements.
Collaborate with suppliers on activities related to inbound shipments.
Negotiate the lowest contract rates for servicing a network of shipments.
Synchronize transportation planning and execution with network and inventory constraints.
Optimize the transportation network by modeling multiple transportation configurations.
Combine route optimization with load building to maximize capacity utilization.
関連情報

Take the Transportation
Self Assessment


Transportation Self Assessment ToolTake a fresh look at your transportation operation & see how you measure up against best in class.

Analyze My Operation» 
お客様の声

Our existing transportation management system didn’t offer us the functionality we wanted. It restricted our ability to do some more imaginative stuff, to operate strategically and to exploit opportunities to reduce costs. JDA was the most functionally rich solution available and enabled us to run the transportation model that precisely suited our business.

Peter Surtees
European supply chain director
Kimberly-Clark Corporation

Supply Chain Nation - JDA BLOG
FIND OUT HOW JDA CAN HELP YOU: