JDA Software

セールス&オペレーションプランニング(S&OP)で、十分な情報に基づく最適な経営判断と企業全体の可視化を実現

部門間で分断された情報を基に経営判断することは、意志決定のスピードや競争力を損います。企業は、販売と経営計画 (S&OP) およびオペレーションに対する高い可視性を必要としています。JDA の Sales & Operations Planning ソリューションは、統合ビジネス計画および管理を実現することで、経営幹部、財務、経営計画に対して決定力を補強することができます。 

従来の需要・供給調整を超えるものとして、JDA のソリューションは、S&OP を企業の財務目標と調和させることで、部門間の調整を促進します。予測から物流管理まで、あらゆるレベルに対して高い可視性を可能にすることにより、戦略的目標を達成するのに必要なデータを取得し、収益を最大限に引き上げることができます。

実績のあるJDA Sales & Operations Planning を使用すれば、ビジネスを次のように変革できます。

  • より大きな企業の説明責任および生産性に対応するため、すべての部門間のデータ可視性を強化
  • 計画と現状の乖離を低減、またはその軌道修正に迅速に対応できるようにし、即時軌道修正が可能な連続性のあるプロセスを作成
  • 素早くPDCAサイクルを回すことで、継続的なプロセスの改善を促進
  • 重大な需要と供給のギャップを識別し、関連するアクションアイテムを割り当て、さらに異なる需要と供給のシナリオを分析して売上のギャップを改善

 サプライチェーン担当役員がS&OP構想への投資を増額する理由とは

本当の成果。スピード。

JDAソフトウェアは、世界最大手の小売企業、製造企業、および卸企業のS&OPプロセスのレベルを更に高いレベルの統合経営計画および管理に変革させるお手伝いをいたします。JDA S&OPソリューション導入により、多くの情報に基づいた意思決定が可能になり、会社全体の可視性が向上します。以下に、導入企業が成し遂げた真の成果*の実例をいくつかを紹介します。*
  • 希望する納品週内の納期回答精度を、マニュアルによる調整変更を加えることなく50%から最大92%に改善
  • 年間の事業予測とその予測に対する実績のモニタリングが可能
  • 遅延オーダーが生産ラインに追加される率を10%以下に削減
  • 受注処理の効率性が80%以上改善
  • 最適化された利益目標に基づいて製品ミックスを決定し、「延期戦略」に沿ってできるだけ間際にオーダーを受けるための可視性を確立

   * JDAソリューションの導入企業によって実現された成果です。

S&OPをさらに強靭にするJDAのサプライチェーンソリューション

JDAソフトウェアの需給管理ソリューションで基礎となるサプライチェーン関連データの精度を上げることにより、精密な分析が可能になります。S&OPプロセスの強化を図る企業は、S&OPに併せて以下のJDAソリューションも導入しています。
  • Demand Management (需要管理)
  • Fulfillment (在庫補充)
  • Vendor Managed Replenishment (ベンダー管理補充)
  • Collaboration (協業)
  • Network & Inventory Optimization (ネットワーク・在庫最適化)
  • Transportation & Logistics Management (輸送・物流管理)
  • Production Planning & Scheduling (生産計画・スケジューリング)

需要計画の精度を向上

  • 新製品の投入および新製品への切替えを改善
  • 統合されたグラフ、表、および例外警告により、意思決定を堅固に支援
  • 製品特性に合わせて調整可能な、複数のアルゴリズムを備えた最先端の統計モデル
  • 製品、ロケーション、およびチャネルのあらゆる階層レベルで需要予測を算出
  • 需要予測をボトムアップで集計し、さらにトップダウンで調整
  • 導入企業独自の需要区分に基づいてアルゴリズムを自動選択・調整

運転資本管理を改善

  • 多段階の時系列計画を策定
  • オーダーを最適化
  • ネットワーク内の在庫を最適化
  • 製品切替えを最適化
  • ソーシング・配分・輸送を最適化
  • 多段階の生産計画制約を管理
  • 例外をモニタリング

サービスレベル、売上、パフォーマンスを向上

  • 協業による総意のとれた需要計画を策定
  • 安全在庫を最適化
  • 在庫方針を最適化
  • プロモーションを管理・最適化

事業の収益向上を推進

課題:部門間の途絶が適切な意思決定を妨げ、競争力が低下

グローバル化する販売とソーシング、分断されたサプライチェーン、高まる消費者の期待-これら全てが絡み合い、計画から実行までより一層の時間短縮が求められています。24時間稼働のダイナミックな環境下で、経営陣はできるだけ迅速にかつできるだけ多くの情報を基にビジネスの変動要因を1つに取りまとめなければならないプレッシャーにさらされています。あまりに多くの企業が、部門独自のデータや前提に基づいて独自の計画を立て、縦割り組織の中で業務を遂行しています。毎回ながら計画に対する直前の変更を適切に管理できず、コミュニケーション不足から需要、供給、および財務チームは分断されています。こういった課題を可視化できなければ、経営陣は問題の根本原因や業務途絶の発生場所を特定することはできません。

従来のS&OPプロセスで戦術的に需給バランスを取ることができても、企業が競争力を維持し続けるためにはさらに一歩進んだ業務改革が必要です。経営陣は収益、コストおよび粗利の時系列計画と実行部隊を統合するような包括的アプローチでS&OP全体を掌握する必要があります。そのためには、業務上のあらゆるリスクや機会や脅威を素早く可視化する適切なツールが必要です。


解決策: JDA S&OP

企業目標や経営目標や業務計画をJDA S&OPソリューションと連携させることにより、担当者は最重要事項に集中できるようになります。JDAのお客様から成るグループとOliver Wight社の業務プロセス改善リーダーで形成したチームが、S&OPを今日のダイナミックなグローバル市場に適用する統合ビジネス管理アプローチへと変革させつつあります。需給のバランスを取るプロセスを、全社を統合するプロセスに変革させた次世代型ソリューションにより、経営陣は会社の戦略目標を実現し、利益を最大化することが可能になります。

およそ25年の実績があるベストプラクティスを備えたJDAのS&OPソリューションは、企業の全体像を表す主要指標をグラフや表で視覚的に表現することにより、多くの情報に基づいた意思決定を可能にします。JDAソリューションは、下支えとなるJDA Demand & Supplyソリューションを事前に組み込むことによりプロセスを加速させ、価値創造に要する時間短縮を実現しました。また、JDAのS&OPソリューションは、JDA以外の計画アプリケーションによる意思決定も支援できるような、相互運用型データベースとの共用ソリューションとしても機能します。他のビジネスインテリジェンス ソリューションでは、これほど短期間にこれほど多くの価値をもたらすことはできません。


S&OPで可視性と実行力を向上

需給のバランスを取り続けるためには、企業はますます俊敏になる必要があります。マーケティング活動で新たな潮流を最大限に生かし、カテゴリー売上を拡大させるには、供給部門が対応する必要があります。景気減速や大規模な混乱が安定供給を脅かす場合は、需要部門が迅速に調整する必要があります。その際、新たな意思決定が企業目標や財務目標や業務計画に与え得る可能性を見失しなわずにいることが肝要です。難しく聞こえるかもしれませんが、統合経営管理アプローチであれば、重要な財務・業務部門がこのレベルの意思決定を行うことが可能です。

このS&OPアプローチで成果を得るためには、24ヶ月以上先まで一元化した数値を提供できるソリューションを必要とします。計画の各項目は、関係者が容易に理解できるような用語で表現され、経営層が参加する会議においても説明がつくものでなければなりません。JDAのS&OPソリューションは、ビジネスを経営陣の視点から多次元で表現できるようなグラフや表を即座に利用できるように事前に組み込んだ設計で、自社の業務プロセス要件を満たすような柔軟な設定が可能です。営業、管理、財務、マーケティング、生産部門の各リーダーは、期日通り予定に従い予算内に収めるために必要な情報にアクセスできるようになります。

即座に利用できるビューで価値創造までの時間を短縮

JDA S&OPソリューションで経営陣は共通経営計画に対して多くの情報を基に効率的に調整を実施できるので、以下が可能になります。

  • 自社の計画属性に合わせた直感的に使えるグラフィックによる階層設定で計画を見直し検討・調整
  • what-if分析およびシナリオ評価を実施し、需給のバランスを取りつつ財務目標を達成する際の制約を特定し、トレードオフを把握
  • 矛盾点や制約やボトルネックに関連する問題に対処するための重要なリソース(人、ツール、サプライヤー、および資金)を特定
  • 前提、リスクおよび機会をS&OP計画の適切な階層レベルに割当てることにより、計画値に条件や説明を付与
  • 戦略的目標を達成し、計画を実施するために重要であるアクション項目を割り当て、追跡
  • プロモーションや価格設定を反映した需要の上方修正や、生産制約に合わせた需要の下方修正を行い、需要感知・形成戦略における機会を特定

 JDAのS&OPは統合経営計画・管理には欠かせないソリューションです。高い拡張性をもつJDAプラットフォームを基盤としているため、導入企業はマスター・運用データ、セキュリティ、例外管理、ワークフロー、分析、およびレポート作成の根幹を成す同一基盤を、他のソリューションと併せて活用できます。これにより短期間で成果を得られ、メンテナンスを軽減することができます。

JDAが提供するエンドツーエンドの機能により、全社、財務、および事業運営計画の経営レベルの意思決定が可能に

要件 JDAが提供する機能 成果
供給レビュー
  • 需要を満たすために必要な生産能力をモデル化し、調達、人件費、在庫および生産に関する費用見積りを算出
  • 原材料、人員、その他生産変数に関連する重要なリソース制約をハイライト
  • 在庫が事前定義した許容量を超える箇所をハイライト
  • 需要が供給や利用可能な生産能力を超える箇所を特定するための主要メトリクスを提供
  • オーダー充足率やネットワーク稼働率を改善
  • 非効率な在庫にかかる運転資金を削減
  • コストを削減
  • 変化に対する即応性を加速
シナリオ管理
  • 経営陣が主要データをリアルタイムで調整できるようにするための主要メトリクスおよび計算結果を提供
  • 経営陣が最善の選択をできるように、複数のシナリオをレビュー・比較
  • 計画に対する変更を時系列で分析するためにインプットをトラッキング
  • 意思決定およびwhat-if分析を改善
  • 主要変数に対する変更の影響を即座に表示
財務評価&分析
  • 時系列の収益、コスト、利益予測を含めた商品、需要、および供給計画の財務評価を実施
  • 将来の製品および顧客ミックス、為替レートおよび平均売価などの財務前提を文書化
  • 年間を通じて実績に対してトラッキングできる全業務の戦略的財務計画を策定
  • 以前の計画や予算とのギャップをハイライトする概要レベルのグラフを表示
  • 事業全体の財務状況をタイミングよく提供
  • 利益を脅かす問題への対応を加速
  • 予測収益・利益に対して目標達成に注力
統合調整
  • 財務評価と共に製品・需給計画と統合経営計画の整合性を維持
  • 計画の整合性が保てなくなった場合に、「一元化した計画値」に対して業務を実施できるように代替策を特定
  • 戦略的経営計画全体で、パフォーマンス上の懸念やギャップをできるだけ詳細レベルで特定
  • 共通で必要とされるリソースへの影響を含む、問題解決のシナリオを策定
  • 月次の経営会議で判断すべき案件を特定し、コストと成果の論拠を取りまとめ
  • 主要業績評価指標(KPI)により的確に焦点を当てられるように、複数の取り組みを優先順位付け
  • 円滑な実行を目指して不測事態を軽減
  • 最適なリソース配分を確保
プロセス調整ワークフロー
  • インタラクティブで自動化されたワークフローをサポート
  • S&OP計画に関連するビジネスリスク、機会、および脅威を表示
  • 実行システム向けに合意された計画を公開
  • 監査証跡と承認ワークフローを提供
  • ダイナミックに計画を調整
  • リソース稼動率を最適化
  • 重複作業を排除
  • よりスマートな意思決定をサポート
Management Business Review (MBR)
  • S&OPプロセスの前段階で解決できなかった問題を含む、議事順序を優先順位付けするアジェンダを作成
  • 評価および意思決定を支援するために、裏づけするデータやグラフを作成
  • パフォーマンス、将来計画、および問題や機会を評価するために経営会議等で必要とされるメトリクスを提供
  • KPIを追跡し、許容範囲外を超えた場合にハイライトするエグゼクティブダッシュボードを提供
  • 継続的な測定とレビューでプロセス全体を継続的に改善
  • 即座にアクションが取れるように重要なKPIに注力
  • ミーティングの効率性と生産性を最大化
  • 経営陣に情報を提供し、同一の理解を徹底

 JDAとOliver Wightの提携で得られる最適なソリューションとベストプラクティスで取引先企業各社に全体像を提供

JDAは、S&OPプロセスにとって重要なインプットとなるサプライチェーンの計画・実行ソリューションを提供する第一人者として認知されています。JDAは、需要管理と予測、補充、マスター計画、およびネットワークと在庫最適化で最善の実行をサポートしています。パフォーマンスと革新性を最適化するために、JDAはワールドクラスの統合経営計画・管理プログラムを確実にするために当社のソフトウェアソリューションにOliver Wightの方法論とコンサルティングプロセスを組み込んでいます。

関連情報
お客様の声

"For us, S&OP is a continuous journey. We're in a much better position than we were 18 months ago when we didn't have a common platform and a common tool. We're trying to get better at each step of the process."

Tony Leisher
IT Director, Supply Chain

Supply Chain Nation - JDA BLOG
FIND OUT HOW JDA CAN HELP YOU: