JDA Software

サービスレベルを改善し、在庫最適化でコストを削減

サプライチェーンのパフォーマンスを最大化するために、企業はスピード、サービスレベルおよび在庫展開のリスクおよびコストの間で、収益の上がるバランスを維持する課題に直面します。JDA の Inventory Management ソリューションは、在庫戦略、プランニングおよび実行を管理するエンドツーエンドの能力が与えられ、優れたサービスレベルを達成し、市場シェアを獲得し、コストを削減することが可能です。  

多段階在庫最適化を活用して、企業は、日常の物品補充および在庫計画の精度およびパフォーマンスを向上できます。JDA のソリューションでは、シナリオ管理を組み合わせて、企業は戦略的に情報を収集した上で意思決定が可能になり、それにより、在庫管理をさらに強化できます。

次のように 実績のあるJDA  Inventory Management を使用して、ビジネスを変革しましょう。

  • すばやく在庫ポリシーおよび在庫戦略を適合させて、市場状況の変化、ビジネスの目的、サプライチェーンの制約、顧客区分および購入行動に迅速に対応。
  • 過剰在庫の問題を解決し、商品陳腐化コストを削減しながら、顧客へのサービスレベルを維持。
  • 収益性および主要原材料、部品および製品の数量を最大化する在庫戦略を開発
  • 早期の警告およびパフォーマンス分析により、在庫切れおよび過剰在庫の例外状況を低減

在庫最適化によりサプライチェーンの適応力を強化

JDAソフトウェアが提供する革新的在庫最適化により、世界をリードする小売企業やサプライヤーは具体的な成果を手にしています。JDAの在庫最適化ソリューション導入企業が成し遂げた真の成果*の実例をいくつかを紹介します。

  • 期限内納品率が大幅に改善し、実装初年度に880万ドルの投資回収を実現
  • 顧客サービスレベルを向上させ、在庫最適化の投資回収率300%を達成
  • 顧客ニーズや納期を満たすために、需要を見越して戦略的に在庫を配置
  • 完全に手作業だった在庫確認作業を脱却し、優先順位付けや例外ベース処理で目標計画、レビュー、承認までのエンドツーエンドの時間を40%短縮。
  • 在庫コストを低減し、サービスレベルを向上する柔軟性の高い延期戦略および在庫方針を実施することで、ビジネス条件への適応力を飛躍的に向上。
  • わずか90日間で欠品・過剰在庫をそれぞれ20%改善した結果、在庫レベルを55%削減し、在庫コストを1,700万ドル改善。
  • 在庫を最大40%減少し、年間400万ドルの削減を実現。さらに予測精度を85%以上に向上。
  • ボリューム、需要変動性、製品ライフサイクルにおける段階および粗利ごとに全製品のポートフォリオを微細にセグメント化することで収益性を上げ、世界全体の工場、原材料、その他リソースの稼働率を向上。
  • 日次補充計画と整合性を取り、部品の予測を隔週で算出するシステムを導入し、サプライチェーン全体の部品在庫管理の迅速性と精度を確保
  • 製品の可用性と顧客サービスを大幅に向上させつつ、在庫回転率を2倍に向上
  • 新規最適化延期システムを構築し、グローバルサプライチェーン内の各種段階で戦略的に仕掛品在庫を保持することで、高いオーダー充足率 を確保しつつ全体としての在庫やコストを削減し、製品組立てサイクル時間を短縮。

* JDAの顧客が達成した実際の成果です。

 

課題:市場状況が変化する中で、卓越したサービスレベル、収益増、運転資金の最小化を実現すること

需要が大きく変動し、リードタイムが伸張し、製品のライクサイクルが一層短くなり、物流コストの状況が常時変わる中で、サプライチェーンを競争優位の源へと変遷させることは容易ではありません。サプライチェーンのパフォーマンスを最大化するために、企業は収益性を確保した上で継続的にサービスレベル、応答性、リスク、そしてコストのバランスを管理する必要があります。そしてそのパフォーマンスを引き出すには、企業がどのように供給、生産、および流通を管理し、在庫をどこでどのように配備するのかが鍵となります。
そこで在庫管理は、サプライチェーンで収益性を上げ、成功を収めるための最も重要な要素となり、効率改善に向けて多くの企業が継続的に科学的アプローチで最適化を実施しています。

解決策:在庫戦略、戦術的在庫計画、および実施全体を連続する閉ループで管理

多くの企業は在庫最適化を独立した取り組みとして試みていますが、新たなグローバルサプライチェーンにおいて実際、在庫は一要素に過ぎません。多くの大手企業は、短期的結果に焦点を当てるのではなく、JDA Inventory Optimizationを活用して日次在庫計画と会社全体の目標の整合性を取り、課題の多い経済情勢の中で在庫というサプライチェーンの一要素を強力な戦略的優位性へと転換することで、長期的に維持可能な競争力を生み出しています。
企業は現在より少ないリソース投資で高い顧客サービスを実現できます。JDAの革新的な在庫最適化ソリューションは、在庫戦略、戦術的在庫計画、および在庫処理管理を網羅するエンドツーエンドの機能を提供します。
本ソリューションは、ハイテク、半導体、食品•飲料、耐久消費財、家電、アパレル、ファッションから、ライフサイエンス、航空宇宙、防衛に至るまで様々な産業に展開可能で、見込み生産にも受注生産にも対応可能です。

リスクと効果のバランスを取り、サプライチェーン全体の在庫高を適正化

従来の統計的安全在庫の手法やスプレッドシートから脱却し、JDAのInventory Optimizationを導入すると、サプライチェーンにおける在庫のパフォーマンスの認識が新たになります。ソリューションは全社レベルのモニタリングや最適化、ベストプラクティスのアルゴリズムおよびサプライチェーン計画の統合機能を活用することで、一貫性を欠いたその場しのぎの計画や計画担当者個人の主観的解決方法に依存することもなくなります。

スタンドアロンとして導入する場合でも、他のJDAのサプライチェーン計画および最適化ソリューションと統合する場合でも、低リスク実装の恩恵を受けながら計画作業の生産性を向上させ、手作業による分析を大幅に削減できます。
 強力な最適化アルゴリズムは、需要予測データ、販売履歴、製造・流通施設、および輸送ネットワークを活用し、今日の不安定な環境下で短期間に大幅に変わる輸送費や取扱料や保管費を含む在庫の総陸揚げ費を考慮した上で、各製品のサービスレベルと在庫目標を決定します。時系列で実行することで、需要動向や季節変動性に対応します。また本ソリューションは、既存の多段階ネットワークの複雑性、リードタイム、コスト、制約、並びに需給変動性も考慮します。

在庫目標の管理

また、JDAのアプローチは、綿密なPLAN-DO-CHECK-ACT(PDCA)プロセスも組み込んでいるので、在庫に関する決定が広範なサプライチェーンに及ぼす影響を監視すると同時に、在庫最適化プロセスを大幅に迅速化できるという点においても抜きん出ています。ビジネス環境は常時変化しているので、適切なサプライチェーンを採用すればそれで十分という一度限りのプロセスではなく、その変化を反映し、変化に対応していかなければならない継続的プロセスです。JDAのInventory Optimizationは在庫戦略に沿ったベストプラクティス、プロセス計画、週次PDCAサイクルを可能にします。

ソリューションは、スタンドアロンとして活用することも、また広範なManufacturing Planningソリューションと統合してより広範な日次サプライチェーン計画のニーズに対応することも可能で、卓越したサプライチェーンの可視化と最適化、ベストプラクティスと使い易い分析機能を提供します。

継続的学習により在庫のパフォーマンスを改善

JDAは、学習した知識を将来の在庫計画作業に組み込み、学習サイクルとPDCAサイクルを連携させることで、PDCAサイクルをさらに高いレベルへと引き上げました。JDAの在庫最適化ソリューションにより在庫管理担当者は在庫パフォーマンスのモニタリング、例外在庫の緊急度の判断、欠品・過剰在庫の根本原因の追究および是正策実施または根本原因の解決が可能になります。企業は継続的に大幅な在庫改善を実行する、まさに知識を集積できる組織体となります。

サプライチェーンの適応力を強化

多段階の在庫最適化を活用することで、企業は日次補充・在庫計画のパフォーマンスを向上させることができます。 JDAのソリューションはシナリオ管理も組み込んでいるので、在庫管理を更に強化すべく、情報に基づいた戦略的意思決定を可能にします。
実績があるJDAの在庫最適化ソフトウェアを利用することで、ビジネスを変革できるので、以下のことが可能になります。

  • 在庫方針と在庫戦略を迅速に適用することで、市場の状況や企業目標、サプライチェーン上の制約、顧客セグメント、および仕入れ状況の変更に対応
  • 顧客サービスレベルを維持しつつ、過剰在庫と廃棄コストの削減
  • 主要製品の収益性と販売高を最大化するような在庫戦略を策定
  • 早期警戒および実績分析により、欠品と過剰在庫という例外を削減

JDAは、コストを削減し、サービスや収益の向上を実現するネットワークおよび在庫を革新的に最適化

要求 JDAが提供する機能 効果
SKU分類&ポートフォリオ
詳細レベルのセグメント化
  • 販売収入履歴、予測収入、利益率、コスト、予測変動性、過去のトレンドやライフサイクルの段階を含む、任意の属性の組み合わせに基づいてSKUを選択・分類
  • SKUの分類に基づいて在庫方針と制約を設定するワークフローを提供
  • 会計基準を満たしつつ在庫管理の柔軟性と精度を向上
多段階在庫の最適化
  • 運転資本に対する最適なサービスレベルを決定
  • 年度予算を鑑み、サービスのパフォーマンスと在庫の目標に制約を設定
  • 在庫と経済発注量(EOQ)を同時に最適化
  • 直感的に使える在庫方針ワークベンチと仮定のシナリオ計画機能を提供
  • 時系列の在庫計画と最適化を実現
  • JDAの需要予測、フルフィルメント、マスター計画ソリューションとデータモデルを共有
  • 最適化された在庫目標をJDAのフルフィルメントおよびマスター計画ソリューションに送信し、日次計画方針と照合
  • 製品全体についてサービスレベル96~99%と在庫投資削減15~20%を常時同時に実現
  • 日次の補充・在庫計画の精度とパフォーマンスを向上
シナリオ管理
  • 既存ベースラインまたは他のシナリオに基づいた仮説分析を実施
  • 緊急時対応計画および将来を見据えた戦略的成長・拡張計画を立案
  • 多くの情報に基づいた経営視点の戦略的意思決定を実現
戦術的在庫目標管理
  • 目標を自動的に継続的にレビューし、必要に応じて更新
  • 製品・ロケーションの組み合わせで例外条件を設定。ユーザーは通達された例外のみを確認
  • 目標が変更になった場合、根本原因を自動的に診断
  • 作業を簡素化しつつ迅速な在庫管理を実現
在庫に関して早期警告&パフォ
ーマンス分析
  • 在庫をモニタリングし、欠品や過剰在庫といった例外を予測
  • 緊急事態や最近の例外の根本原因を詳細レベルで追究
  • 例外に対応するために在庫計画と前提条件を調整
  • 欠品や過剰在庫を削減
  • 継続的なプロセス改善を実現
関連情報
お客様の声

We let JDA Inventory Optimization propose the strategy for every single one of our products – and we have approximately 10,000 individual SKUs. JDA Inventory Optimization will continue to enable us to have the right volume of product at the right staging point at all times. The solution looks out over the planning horizon and provides the information we need to determine where to increase inventory levels and where to apply the brakes in terms of production.

Kevin Chynoweth
vice president of supply chain
Fairchild Semiconductor International
FIND OUT HOW JDA CAN HELP YOU: