JDA Software

正確な需要の可視化と統合管理でサプライチェーンの意思決定を最適化

製品ライフサイクルの短縮化、製品の多様化、ルートの多様化、頻繁なプロモーションなどによって、消費者の需要を予測することは、より複雑になっています。JDA の Demand Management ソリューションは、複数の予測方式による統合プランニングフレームワークを活用することで、サプライチェーン全体の需要を正確に予測します。

JDA ソリューションを使用することで御社のビジネスを次のように変革します。

  • 取引ネットワーク全体の需要を可視化
  •  1 つの同期された消費者需要ビューを提供
  • 予測パフォーマンスおよび精度の向上
  • 在庫レベルを最適化し、在庫回転率を向上

刻々と変化する市場で顧客と最終消費者の需要を正確に予測

今日の企業は、自社の製品やサービスの需要の正確な予測に非常に重点を置いています。小売の品揃えを拡大する場合、組み立て製造の設定オプションを拡大する場合などいずれも、顧客や最終消費者からの高くなる要求レベル、チャネルの多様化、頻繁なプロモーション、価格戦略要件の変動、短縮する製品のライフサイクル、そして増加する製品の選択肢などへの対応が必須の時代です。更に、需要は季節変動性、ハロー効果やカニバリゼーションに見られるように本質的に可変的であることが予測プロセスをさらに複雑にしています。加えて、需要履歴を正しく読み解き、最適な予測手法を適用し、予測アルゴリズムを調整する、というように方法論についても考察する必要性が生じ事態を複雑にしています。

容易ではないですが、企業は、売れ筋製品の予測だけでなく、いつ、いくらで売れるのかを正確に予測する能力を備える必要があります。需給の不整合はコスト高になるだけでなく、販売機会の損失、収益減、過剰な販促費、過少・過剰在庫、シェアの低下、顧客サービスの低下につながります。こういった問題に対応するためには、業界のトップ企業が、「需要」が顧客主導型サプライチェーンの軸であることを認識し、多くの業界において需要を消費者レベルで捉える必要があるという現実を受け入れる必要があります。企業は、需給チェーンの意思決定を最適化するためには、顧客およびエンドユーザーの需要の兆候に合わせてさらに運用を調整する必要があり、組織全体の需要を同期化し、一元化表示できるソリューションを必要とします。このように統合された計画の枠組みへと移行するためには、高い精度で統合した予測を算出できるような堅固なソリューションが必要です。

高度な需要管理で需要の可視化を向上させることでサプライチェーンの意思決定を最適化

JDAの需要管理ソリューションは、前述のような複雑な課題に対し、数百万もの製品数を取り扱うことのできる拡張性と、サプライチェーンの最下位レベルの需要の兆候に対応でき、業界最先端の機能によって総合的な対応方法を引き出します。取引ネットワーク全体の需要の可視性を向上させることで、ソリューションの複数の予測方法により回転率の高低、売れ行きのばらつき、ライフサイクルの長短、流行品か定番品か、季節変動性の高低にかかわらず、あらゆる種類の製品の需要を正確に予測できるようになります。

  • 各製品の正確なコンセンサス需要計画を作成し、管理・予測可能な上位レベルに集計
  • 新製品導入から終売まで、需要変動に迅速に対応することで、顧客満足度レベルを向上
  • 複数の履歴動向、予測アルゴリズム、販売促進情報およびイベントをデータ活用し、予測精度を改善し、在庫保管コストを最小限に抑え、販売機会損失を低減
  • 需要パターンに基づいて製品を分類し、適切な統計予測アルゴリズムを適用し、製品の需要動向に基づいて自動的にパラメータを設定・適用
  • 需要履歴から価格設定やプロモーションなどの外部要因に起因する需要を除外することで、より正確なベースライン予測の土台を提供

需要値の同期化に向けて

需要値の一元化に向けての第一歩は、人の知識やイベントに関する情報も組み込んだ正確な統計的予測です。一元化した需要値をサプライチェーンに組み込んで活用することで、サプライチェーン全体のコストを下げつつ顧客や消費者の満足度を上げることが可能になります。
JDA Demand ManagementはJDAの販促・プライシング最適化ソリューションや供給計画ソリューションとシームレスに統合されているので、需要の可視性、在庫レベル、およびサプライチェーンに関する意思決定を改善できます。需要計画をサプライ計画に直接インプットできるので、販促やプライシングの情報を活用し、リアルタイムで顧客オーダーに対応し、予測と、その予測に合わせた補充計画をダイナミックに適用します。

コンセンサス需要計画でビジネス上の意思決定を改善

ユーザーは、JDAのWebネイティブのソリューションを活用し、社内関係者や外部取引先とのコラボレーションとコミュニケーションを通じて、将来需要の全体図の実態を把握できます。モバイル機能を活用することで製造企業や卸売業者の営業担当部門は企業データをフル活用し、取引先の小売企業や社内チームと緊密にやり取りできるようになり、すべての関係組織にとって迅速性と効率性の改善につながります。最も重要な取引先と協業的にプロセスや計画の整合性を図り、顧客需要の兆候といった主要データ動向を定期的に共有し、コンセンサス需要計画を作り上げることで、サプライチェーンの真の同期化への道を歩み出すことができます。

 

機能ともたらされる効果

優れた予測機能

  • 統計分析機能、需要動向のセグメント化、多段階予測の活用で予測精度を20~25%改善
  • 予測を共有し、取引先と整合性が取れたコンセンサス需要計画を策定することで、取引ネットワーク全体の需要の可視化を向上
  • 販売期間または年度を通じて地域限定の季節性がある需要変動に対応

在庫投資の最適化

  • より正確で安定した予測で在庫管理の効率を向上させ、サプライチェーンコストを削減
  • 純利益改善のために在庫レベルを最適化
    • 安全在庫を4~15%削減
    • 在庫全体を4~8%削減
    • 手持ち在庫を1~4%削減
    • 過剰在庫と欠品を低減
  • サービスレベルを0.5~5%改善しつつ、販売機会損失を5~12%低減

収益と利益の目標を実現

  • 季節変動性と動向をより正確に予測し、消費者の反応を具現化することにより、販売を最大5%増加
  • 同期化と製品提供率を向上させ、取引ネットワーク全体の需要変動を平滑化することで在庫回転率を5~8%向上
  • 計画担当者が最も収益性が高い結果をもたらす販促を選択できるようにすることで、製品のライフサイクルを通じてプライシングおよびプロモーション戦略を改善

プロセスの効率化

  • 予測・計画サイクル時間短縮により、業務計画担当者は最重要事項に集中
  • アイテム・ロケーションレベルのプロファイルや統計的アルゴリズム・パラメータを含む詳細データ管理に要するリソースを削減
  • 必要となる需要モデルの数を最小化することでデータストレージおよび保守要件を軽減
*JDAの顧客が達成した実際の成果です
予測機能を活用し、将来の顧客需要を見通した効果的な販売予測を作成
過去の需要履歴を分析し、製品の販売傾向を把握
日々の需要シグナルの変化を捉えて対処
マーケット活動の作成、承認、計画、実行、評価に関する情報を共有
製品の季節変動を捉え、将来の需要を正確に予測
関連情報
FIND OUT HOW JDA CAN HELP YOU: